お酒を飲まなくても酩酊になる?!

カンジダによる酩酊症のケース

胃や腸に棲みついたカンジダ菌が原因となって、お酒も飲んでいないのに酔ったような症状が起きる病気があるのだそうです。
2009年、米国テキサス州在住の61歳の男性が強いめまいを訴えて救急搬送されました。病院で呼気検査を行ったところ、男性の「血中アルコール濃度」は法定基準の5倍以上!しかしながら、男性はその日全くお酒を飲んではいませんでした。検査の結果、男性は「消化管カンジダによる酩酊症」という診断が。

アルコール発酵能力を持つカンジダ菌

日本酒やワイン・ビールなどの醸造酒は、酵母菌が糖分を分解して発酵しますよね。(サッカロミセス・セレビシエという酵母菌とのこと) そして、なんとカンジダ菌もアルコール発酵能力を持っているそうです。
通常、食物に含まれている糖分はアルコール発酵する前に腸に吸収されるとのことですが、酩酊症ともなる場合、消化管内に棲みつくカンジダ菌のアルコール発酵能力が極めて高いために糖分を急速に分解し、消化管の中でアルコールを作ってしまうのだそうです。

酩酊症はあまり知られていないかと思います。

食後に原因不明のめまいや吐き気が続く場合、真菌症を専門とする病院を受診されることをお勧めします。その際は、飲酒運転で誤って検挙されないよう、できれば運転は避けるほうがよいかも。