腸に穴をも開けるカビ

腸に繁殖したカビが腸壁に穴を開ける

腸壁に穴が開くなんて「信じられない、想像できない」という方はなかなか大きな穴を想像されているのかもしれませんが、穴といっても腸粘膜の細胞と細胞の間にできるごく微小微細な穴 (らしいです)。 で、この状態になると健康から離れていく多種多様な症状が出現し、慢性的な不調に悩まされることがあるようです。

リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)

腸に穴が開いてしまうことで、本来体内には取り込まないはずの細菌や毒素などの有害物質まで体内に取り込んでしまうことになり、さまざまな症状を引き起こしてしまう。それがリーキーガット症候群です。

腸に穴が開く原因としては、
・腸内フローラバランスが崩れ悪玉菌の異常増殖により腸管粘膜に傷がつくことの蓄積
・精神的なストレス
・有害な毒素またはその要因を生み出す可能性を含有した食品の摂取
・腸管に炎症を起こしたリーキーガットを誘発する食事や薬品の摂取

項目1つ目にあてはまるのがカンジダ菌(カビ)。残念ながら、現代人の殆どそうなのでは・・と思うくらい。 もともとの腸内環境に日々の食習慣が長年蓄積され、腸管粘膜に傷がつく→穴が開く、腸管の中の物質(ウイルスや菌・タンパク質など)が腸管外に漏れ血中に流れ出してしまう。 流出とは反対に、免疫システムのバランスを崩し体に炎症を起こす「炎症誘発物質」が血液中に流入し始めることで 免疫システムの機能障害が起こり始め、炎症があちこちで出現したものが多種様々な不調や悩みとなって日常生活に支障をきたすというんですから怖いですよね。

リーキーガットから引き起こされる不調

原因不明の熱、筋肉痛・関節痛、胸やけ、息切れ、吐き気、腹痛、抜け毛・もろい爪、お腹の張り・消化不良、不眠症、記憶力低下、集中力低下、不安感、まとまらない考え、疲労感、下痢・便秘、口臭、神経過敏、食欲低下、ニキビ、じんましん、喘息、アトピー性皮膚炎、クローン病、過敏性腸症候群 など。

原因不明で、辛い・・・一般血液検査くらいでは判明しないため、いつもの罹りつけ医を受診した程度で判明特定に至ることもなく、モヤモヤと不安は増すばかりという方は、リーキーガット症候群を疑い、検査可能な機関にて検査を受けられることをお勧めします。