気になる「おりもの」

おりものとは、子宮や膣から出る酸性の分泌物のこと。汚れを一緒に排出することで膣内を清潔に保ったり、雑菌が子宮内に侵入するのを防いだりと、女性の身体を守る役割を担っています。
また、おりものは分泌量や色、粘度の変化によって、生理周期や健康状態を把握するのにも役立ちます。「下着がベタベタして不快」といったようにマイナスイメージがつきまとうおりものですが、実は私たちの身体を守り、健康状態を表すバロメーターとしても機能する大切なものなのです。

おりものの量は生理周期で変化する

理直後~卵胞期のおりものは「少なめ」で「サラサラ」
生理後2~3日はおりものはあまり出ません。サラサラした粘り気のないおりものが少量出ます。色は白~クリーム色ですが、茶色いものが混じることもあります。
その後、排卵期にが近づくにつれて半透明のベトッとした粘り気のあるおりものに変わり、量がだんだんと増えていきます。

排卵期のおりものは「多く」て「よく伸びる」
排卵日が近くなるにつれておりものの量は多くなります。排卵日直前には、卵白のような透明でドロッとした粘り気のあるよく伸びる状態に変わります。

黄体期のおりものは「白く」て「ドロドロ」
排卵から黄体期に向けて、急激に粘り気が減っていきます。透明だったおりものが白く濁った状態に変わります。

生理前のおりものは「多く」て「ドロドロ」で「酸っぱい臭い」
生理前になると再び量が増え始め、ベタッとした、下着に着くと黄色っぽく見えるようなおりものが出ます。生理直前になるとにおいが強くなることもあります。酸っぱくて臭いと感じることもありますが、腟の中はもともと酸性なので、においが酸っぱく感じるのは普通のことなのです。

妊娠したときのおりものは「多く」て「サラサラ」
妊娠初期の症状には個人差がありますが、一般的に妊娠するとおりものの量は増えるといわれています。人によっては白濁したドロっとしたおりものが出たり、着床出血が混じり茶色っぽいおりものが出たりすることもあります。

おりものは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響を受けるため、生理周期に合わせて量や質に変化があらわれます。

おりものに違和感を持ったら、婦人科を受診しよう

おりものは、生理周期や妊娠などを始め、感染症や子宮の病気などによってもその状態が変化しますので、量が増えたりニオイが強くなったりすると、不安に感じる時もあるかもしれません。
しかし、自分の生理周期と、それに伴うおりものの変化を知っておけば、自分の体の異常を早期に発見することにつながります。普段からおりものの状態をチェックしつつ、気になる症状がある場合は早めに受診をするようにしてくださいね。

これはNG!やってはいけないおりもの対策法

おりものの不快をセルフケアしようとして、間違った対策をしてしまうとかえって陰部のトラブルを引き起こしてしまうことがあります。トイレに行くたびに温水で陰部を洗っておりものを取ったり、トイレットペーパーでごしごし拭き取ったりすると陰部には負担になってしまいます。陰部が傷つきかぶれてしまうとかえっておりものの量が増えてしまうこともありますので、腟の奥の方までシャワーできっちり洗い流すのもNGです。
おりものには細菌の侵入をおさえる自浄作用があり、腟には侵入した雑菌を撃退する常在菌が存在します。この常在菌まで洗い取ってしまうと自浄作用が弱まって、かえって炎症を起こしやすくなりかねません。

女性特有のお悩みをサポートするサプリはこちら