平日15時までのご注文確定分は即日発送!
絞り込み検索
  
営業日カレンダー
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
は休業日です

カンジダは自然治癒するのでしょうか

残念ながらカンジダの自然治癒はできないことが多い

カンジダは免疫力の低下や抗生剤、或いは糖分や乳製品を多く含む食品摂取が続くとなりやすく、病的にカンジダ菌が増えると自然治癒だけに頼ることは難しく、特に酵母型から粘膜に根を張る菌糸型となったカンジダは治療が必要となってきますし、一旦治まったと思っていても再発することが多いようです。

また、主に市販薬の塗り薬で適切な治療をしないまま続けていて、粘膜内の状況が進んでしまっている場合も自然治癒からは遠ざかってしまっていることも。

婦人科では、問診後膣洗浄して膣錠の処置があります。以前は、翌日以降毎日数日間自分で膣錠を挿入する必要がありましたが、最近では受診の際に1週間タイプの膣剤を入れてくれることが多いようです。塗り薬が処方されることが多いですので、塗り薬のみ1週間塗布しますが、塗布薬の使用感に対して新たな不快を覚える方も少なくないようです。

膣剤・塗布薬ともに抗真菌剤のため直接痒みを解決してくれるわけではありませんが、薬剤の効果が効いてくれば特有の症状も徐々に落ち着いてくることから治ったと思われるかと思います。 但し、一旦治まったようにみえても、数週間後にはまた不快症状の再発にウンザリを繰り返すといった経験をされる方が多いということもよく耳にします。

免疫を司る腸内フローラ、自身で治るキッカケを

カンジダ菌は常在菌であり、誰しも身体に棲んでいます。 それは、女性だけでなく男性でも同じで性別に関係なく、また赤ちゃんからお年寄りまで年齢にも関係なく棲んでいます。 だからといって全てのヒトがカンジダ症かというとそうではなく、腸内細菌の状態の個人差によりカンジダ菌が異常増殖することなく保てている=自然治癒できているともいえる人もいます。 こうした人はカンジダ症になる可能性は低いといえます。

カンジダ症は膣だけにとどまらず、口腔(口)・食道・腸・肺など身体のいたるところに発症する可能性があります。 こうしたことからも男性であってもカンジダ症となるケースは十分にあります。 腸カンジダは10歳代以上、また10代以下でも男女問わず増加していて、現代人の様々な不調との関連があるとの記述も多いことからも、 膣カンジダ症、口腔カンジダ症を発症した・再発したといってもすぐ生命を脅かす存在ではありませんが、カンジダ菌の異常増殖はやっかいであること、将来の健康をも影響することを広く知ってほしいと思います。 それを担うのはやはり腸。腸内フローラの健康に努めることはカンジダ対策にもなり得て自然治癒に貢献することでもあります。 偏った乳酸菌よりも多様性のある乳酸菌の摂取は、よりよい腸内フローラ形成にも役立ちそうですね。 食事からだけでは難しい場合、多様性のある乳酸菌で手軽に補給するするのはおすすめです。

免疫を司る腸内フローラ、自身で治るキッカケつくりにおすすめ乳酸菌はこちら