カンジダのお悩みQ&A

デリケートゾーンに発生しやすいトラブル

・蒸れや雑菌の繁殖によるニオイ発生
・下着や肌の擦れによる肌の黒ずみ
・剃り過ぎによる毛穴の炎症、ボツボツ、かゆみ
・膣カンジダや性病(女性5人に1人が体験)

40代 ...

カンジダのお悩みQ&A

年齢とともに肌が変化するように、デリケートゾーンも変化します。女性ホルモン(エストロゲン)が大きく影響しているようですが、年代別にみてみると…

10代 思春期のデリケートゾーン

顔やカラダと同じようにデリケートゾーンでも汗や ...

カンジダのお悩みQ&A

カンジダ菌から身を守るために

植物成分に含まれる多くの香り成分が低濃度でカンジダ菌の菌糸形発育を抑制するんだそうです。多種のハーブやスパイス類のカンジダ菌の菌糸形発育を80%阻止する濃度を比較したら、シナモン、わさび、クローブ、バジル、 ...

カンジダのお悩みQ&A

副腎疲労症候群て?

副腎疲労症候群とは、ストレスなどが原因で副腎という臓器が疲れ切ってしまい、コルチゾールやDHEAなどといった大切なホルモンをだせなくなってしまう状態だそうです。

更年期障害?!

更年期障害と診断された人々の ...

カンジダのお悩みQ&A

おりもの

腟や子宮から分泌されるおりものは、腟の粘膜を潤して老廃物や病原菌を排出したり、受精を促したり、量や症状でトラブルのサインを発する等、その役割はとても重要だそう。また分泌のリズムは、月経と同じように周期的に変動するようです。

カンジダのお悩みQ&A

かゆみを伴う病気には色々な種類があり、治療法も異なります。中でも尿もれなどのトラブルの起こりやすい40、50代では、尿もれ対策のため、尿パッドを使用している約80%の人がかゆみやかぶれを感じているようです。

性器のかゆみは、どっ ...

カンジダのお悩みQ&A

腸と脳のつながり

腸が悪い→脳に悪影響・・・このつながりについて、あまりピンとこない方が多いかもしれませんが、発達障害治療のためには、発達障害と腸内環境がどのように関わっているかを理解することが重要なんだとか。腸内環境が悪いと、なぜ脳の ...

カンジダのお悩みQ&A

1)「薬剤性」…薬の副作用

免疫機能を下げる薬ステロイドは、リウマチの治療に使う事があり、その内服を長期間続けていると結構な確率で膣内、皮膚、口腔内にカンジダが発症するようです。内服、点滴のみならず、外用で使ってもカンジダが発症。

カンジダのお悩みQ&A

グルテン

腸内環境を悪化させ、肥満を引き起こす原因の一つが小麦に含まれる グルテニンとグリアジンという2種類のたんぱく質が結び付いたグルテン。最近の小麦は品種改良でグルテンを多く含みます。グルテンは小腸から分泌されるDPP4という酵素で ...

カンジダのお悩みQ&A

スーパー耐性菌

ここ数年、抗生物質(抗菌薬)がほとんど効かないタイプの菌が出現し、死亡者も出ているようです。これは、スーパー耐性菌(多剤耐性菌)と言われ、耐性菌とは病気の治療に抗生剤を多用するうちに、生き延びるための抵抗力を持った病原菌 ...